OLYNPUS OM-D E-M10 Mark II 一時販売休止の模様

OLYNPUS OM-D E-M10 Mark II 販売を一時休止

9月4日に発売されたばかりのOM-D E-M10 Mark IIですが不具合が見つかったようで、一時販売休止したようです。

不具合を対策した製品の販売再開は9月下旬を目処としてるようですが、「よし買うぞ!」と思ってた方はには非常に残念なお知らせです。

既に購入されている方は専用窓口まで問い合わせて下さいとの事ですので、問い合わせて不具合箇所をすっきり改善し、写真ライフを楽しめますように。

[OLYNPUS OM-D E-M10 Mark II 一時販売休止のお詫びとお知らせ ]

そして、今回の不具合を長引かせず即時に対応処置としてアナウンスしたオリンパスは偉いと思う。

ちょっと思った事

今回の不具合ですが、カメラーボディーひレンズを装着する「マウント」部みたいですが、公式アナウンスにはプラスチックマウントを採用したレンズを取り付けた場合に、通常レンズが勝手に外れないようロックがかかるのですが、そのロック機構が外れやすいものがある事が判明したとか・・・

全てに問題があるようでは無いらしいですが、「プラスチックマウント」で問題が有るとの書き方なので、金属マウントは大丈夫なのでしょうか??

通常、プラスチックマウントも金属マウントもマウント形状は当然寸法(各所クリアランス)等も規定数値内で生産されていますから、プラスチックマウントで問題があったとするならばマウント部に使われている部品か組み立ての製品精度のバラツキがあったのかな?と勝手に思ったりします。

以前、マイクロフォーサーズボディーにCANON EFレンズを装着する事が出来るマウントアダプターを使った事がありますが、アダプターによって強烈にレンズの取り付けが硬い物や、すんなり着けれる物と様々でした。

ま、使ってたのは一番安い部類のアダプターでしたので、この辺の精度の良し悪しが価格に反映されてるのかな?と思った程度でしたが、今回のOM-D E-M10 Mark IIのアナウンスを聞いて、もしかすると憶測ですが「ロックが外れやすい」物もあると言う事は、「ロックが外れにくい」人もいたのかな?

それと、レンズを装着する時に硬い(レンズ装着に力が要る)人と逆にゆるい人がいてもおかしくないかなーなんても思ったり。

レンズ装着する時に、強い力でないと装着出来ない状況は私的に気持ちの良い物では無いです。

と、色々妄想記事になってしまいました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です