ちょっとだけ本格的に始めてみるなら考えたい、デジカメ購入予算について

私が初めてデジタル一眼レフカメラを購入する時にカメラと一緒に必要で購入した物と、購入後必要になった物があるのですが、この経験からデジカメを購入する場合には自分の考える購入予算よりも、もっと余裕を持っていた方が良いと感じました。

私が考えるデジカメ購入に必要な資金

とりあえず乱暴ですが、こんな感じです。

必要資金=デジカメ本体+必要と思われる備品+5万円

購入には様々なケースがあると思うので、今回は初めて趣味でデジカメを購入すると考えた場合としてます。
最後の「+5万」て何!?って話ですが、これは最後に。

デジカメと一緒に購入した物

私が始めてデジタル一眼レフを購入したのは、レンズ付きの展示品でした。
価格は確か¥55,000-だったと思います。
型落ちと言う事もあり安かったのですが、店頭でお客が触る物ではなかったようで略新品状態でした。
付属品は全て揃っているのでその他、事前に必要と思われた物の価格を確認。

本体購入と同時に必要と思った物

●メモリーカード(CFカード 4GB)
●液晶保護フィルム
●プロテクトレンズフィルター
●レンズクリーナーキット

CFカード¥3500/保護フィルム¥1000-/クリーナーキット¥1500-/レンズフィルター¥2000-
たしかこれ位の価格だったと思います。
なので、店頭で確認した時に「カメラ代+1万円」でOKと思ったのです。
予算的に結構ギリギリだったのですが、必要なので買いました。
(当初予算は6万円だったと記憶してます。)

購入してみて

テンションマックスです。
しかし、予想外の出来事が発生しました。
手持ちのカードリーダーでCFカードが読み込めず、原因をさぐってみると手持ちのカードリーダーが原因と判り別途カードリーダーを購入するはめに。
また、キットレンズのレンズフードは別売り扱いだった事も購入してから気づく有様。

おまけに運悪く、フード無し状態でしゃがんだ時にレンズをぶつけ保護フィルターを損傷してしまいました。
予算ギリギリ(ちょっとオーバー)で購入しているので、精神的にも金銭的にも余裕が無く心底凹んだ事を思い出しました。

予想外で必要になった物

●カードリーダー
●レンズフィルター(損傷したので)

使ううちに必要になった物

●リモートレリーズ
●三脚
●カメラバック
●ドライボックス(簡易防湿庫)
湿気の多い地域なので。
●バッテリー
やはり1つでは厳しい・・・
●メモリーカード
●ストロボ

趣味だから、色々余裕が無いとしんどい

物欲は留まる事を知りません・・・
と言うか、撮影してカメラを使っている間に少しづつですが、今まで知らなかった事が分かるようになってくるのです。
色々と理解出来てくると、手持ちで撮れると思ってたのが三脚が必要だと分かってきたり、三脚を使い出すとリモートレリーズの必要性を知ったり。
となると、当初はデジカメを買えば撮影が可能。と思っているのですが経験をつんで行く事で様々な機材が必要となって来るのです。
必要な機材は人それぞれですが、それでも自分が思っている以上に後々多くの予算が必要になってくると考えておくべきだと思います。

そしてまた必要となった物

●外付けHDD
●お金・・・w
撮影した写真から必要としない写真を捨てる勇気と労力を怠っていると、みるみる間にPCのHDD容量を圧迫していきます。
それをしていてもデータは溜まる一方なので撮影したデータを保管する環境が必要となります。
また、撮影の為に色々な場所に行こうなどと計画してしまうと旅費がかかってしまうのです!細かい事ですが、大切な事です。
最後はお金かい!と言われるでしょうが、そうならない為にデジカメを購入する時には予め余裕をもった予算組みで挑まれるのがよろしいかと・・・私は思ったのです。

必要資金=デジカメ本体+必要と思われる備品+5万円

この最後の「+5万」の理由は、次ぎの予算が貯まるまでの間、もしどうしても必要な出費を迫られる事があったとしても、この5万があればなんとかなるのではないかと思っているからです。
例えば急に「三脚が必要になった!」「ストロボがぁ!」「HDDの容量が・・」「写真サークルで飲み会がぁ・・・・・」となった場合でも家族持ちの方なら、デジカメを購入する時にギリギリの予算を申告するのでは無く、未来を見据えた計画性のある予算提案をする事で最初は高いと言われるでしょうが、のちのちに「流石パパ!ちゃんと計画性がある堅実な人(改めて尊敬)」となる事間違い無いです!(多分・・・)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です