手ブレ補正機能の新しい形? Panasonic [Dual I.S.]

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX8 ボディ 2030万画素 シルバー DMC-GX8-S

私が気になるデジカメ機能シリーズ(Panasonic [Dual I.S.]

手ぶれ補正機能はデジタルカメラの必須機能だ!と言わんばかりに一般的に浸透している機能ですが、その「手ぶれ補正」には「電子式手ブレ補正」と「光学式手ブレ補正」に分けられます。

CANONのQ&Aに概要が掲載されていますので、興味のある方はどうぞ。

電子式手ブレ補正は、スマートフォンや今流行りのウエアブルカメラ等に利用されている方式ですが、今回はその辺の詳しい内容は割愛し、「光学式手ブレ補正」についてです。

SONY HDウェアラブルカメラ AS200V アクションカム HDR-AS200V
電子式補正搭載カメラ SONYのHDR-AS200V

光学式手ブレ補正

この光学式手ブレ補正ですが、各カメラメーカーの考え方や方針によって大きく2つのタイプに分かれており(詳しい詳細はまた別途)
「レンズ内手ブレ補正」「ボディー内手ブレ補正」に分かれます。

どちらもメリット・ディメリットがあるのですが、光学式手ブレ補正は高度な技術で、開発には時間もお金も当然かかっています。

レンズ内補正の場合はレンズにその分開発投資していますし、ボディー内補正の場合も同等で無い物よりも余計にコストがかかっています。

と言う事は、レンズ内補正タイプのレンズをリリースしているメーカーはレンズにコストがかかっていますので、わざわざボディーにまでコストをかけて補正機能を搭載する必要が無く、ボディー・レンズ双方に手ブレ補正を搭載してもメーカーにとってコストがかさむだけでメリットが少ないと言う事になります。

主なメーカーの手ぶれ補正方法

レンズ内手ブレ補正
例)CANON / Nikon / Panasonic
ボディー内手ブレ補正
例)OLYMPUS

ボディー内手ブレ補正を採用しているOLYMPUSが発売している現行レンズを調べて頂ければお分かりと思いますが、全て手ブレ補正の機能は有りません。

ここで一番注目して頂きたいのは、CANON Nikonでは無くパナソニックとオリンパス。そうマイクロフォーサーズボディーを出しているメーカーです。

Panasonicユーザーの憂鬱

マイクロフォーサーズは4/3サイズのイメージセンサー使ったカメラ規格の名称ですので、マイクロフォーサーズ規格ならば、メーカーが異なるレンズでも制限無く利用可能なのですが、パナソニックユーザーがオリンパスのレンズを利用しようと思うと、レンズ内手ブレ補正機能がありませんので、当然の如く手ブレ補正無しで利用するしかありません。

一方、オリンパスユーザーはボディー内手ブレ補正モデルがありますので、手ブレ補正対応のボディーを利用していれば、オリンパスは勿論パナソニックのレンズも手ブレ補正の恩恵を受ける事が出来ます。

そして、マイクロフォーサーズユーザーならば一度は着けて遊んでみたくなる「オールドレンズ」、当然古いレンズですのでレンズに手ブレ補正機能はありません。しかし、オリンパスユーザーはオールドレンズでも手ブレ補正を利用出来ますが、残念ながらパナソニックユーザーは「手ぶれ補正なぞいらん!」と強がりながらも心の底で悔しがるしかないのです。

ま、オールドレンズ並び、補正機能無しのレンズで手ブレ補正が必要な場合には、ボディー内手ブレ補正があるオリンパスを選べば解消する問題なのですが、現実にはそう単純でもなく・・・(省略)

Panasonicが提示したユニークな方法

そんな憂鬱を知ってか知らずか、この度Panasonic から新しく発売されたLUMIX GX8に[Dual I.S.]と言う新しいスタイルの手ブレ補正機能が搭載されました。

この[Dual I.S.]と言うのは、簡単に言うと手ぶれ補正機能を搭載したレンズとボディー内手ぶれ補正機能を同時に使う技術で、パナソニック製レンズは2軸補正で、GX8には4軸補正を搭載しており同時に利用する事で6コントロールによる補正をユーザーに提供しますと言う事です。

レンズに補正機能が無い場合には、ボディー側のみでの補正になります。

[Dual I.S.]に何故注目するか

今までの流れで行くとレンズでぶれ補正をすると決めたメーカーからは、そのレンズと同じマウントでボディー内手ぶれ補正機能を搭載した物が出ると考えるのは絶望的であり、その理由は冒頭で書いた通りです。

そんな中、パナソニックがレンズにかけたコストを無駄にせずに、ボディー側にもぶれ補正機能を搭載し共存させる方法の一つの答えとして、LUMIX GX8に[Dual I.S.]を搭載しリリースしました。

実際に使ってみないと判らない事も多いですが、レンズ内手ぶれ補正を採用してるメーカーがボディー内手ぶれ補正を搭載したデジカメを出したと言うのは私の中で大ニュースだったので記事にしてみました。

場合によっては、本気で欲しいかもGX8

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX8 ボディ 2030万画素 シルバー DMC-GX8-S

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です