意外とややこしい?手ぶれ補正レンズと正しい使い方について

レンズ内手ブレ補正

文字通りレンズ交換式カメラの場合、この手ブレ補正機能を搭載したレンズを装着する事で手ブレ補正効果を得る事が可能になります。

当然ですが、レンズ内に補正機能がありますので補正機能の無いレンズの場合には手振れ補正効果を得る事は出来ません。

主にCANON・Nikon・Panasonicがカメラ本体には手振れ補正機能を付けず、レンズ内手ブレ補正による補正機能を提供しており、この方式のメリットとして言われているのは、
ファインダーを覗いた状態で手ブレ補正効果が得られるので、安定した像を見ながら撮影する事が可能である事や個々のレンズの特性に合わせて補正制御を最適化出来る等があげられます。

手ブレ補正モード

手ぶれ補正にはレンズの種類により、撮影者に適切なぶれ補正がを提供出来るように、撮影状況に応じたモードが存在する物もあります。

例として
【CANON】:モード1・モード2・モード3
【Nikon】:NORMAL・ACTIVE・TRIPOD・SPORT
と言うぐあいに、同じ手ぶれ補正にも使用目的に最適化出来るようにメーカーが補正制御のパターンをいくつか用意している感じです。

手ぶれ補正が搭載されているレンズを購入すると、必ず使用方法や各モードの説明がされていますので、適切に作動するよう必ず目を通す事をオススめします。

手ぶれ補正機能を搭載したレンズの判断方法

手ブレ補正機能を搭載したレンズには各社様々の呼び方があり、その名称がレンズの品名に入っているので、そこをチェックすると良いでしょう。

【CANON】→IS(IMAGE STABILIZER(イメージスタビライザー))
【Nikon】→VR(VR機構【Vibration Reduction】バイブレーション リダクション)
【SIGMA】→OS(Optical stabilizer(オプティカル スタビライザー))
【TAMRON】→VC(Vibration Compensation (バイブレーション・コンペンセーション))
【Panasonic】→POWER O.I.S / MEGA O.I.S
【SONY】→OSS(Optical Steady System(オプティカル スタディー システム))
【FUJIFILM】→OIS
【PENTAX(RICOH)】→SR(Shake Reduction(シェーク リダクション))
【Tokina】→VCM(Vibration Compensation Module)
zeiss(カールツァイス)の名称は判りません。

本当に各社呼び方が様々ですね。

正しくぶれ補正効果を得る為に

当たり前すぎますが、レンズの説明書は必ず1度は目を通しましょう。

撮影するシチュエーションによって適切なモード選択をしないと誤作動により正しく効果を発揮出来ない場合があるからですが、自分が今何をどのように撮影しようとしているのかと言う意志を正しくレンズやボディーの設定を行う為には各機能がどのような物か事前に把握する必要があるからです。

心構え

手ぶれ補正機能はぶれを無くすのではなく、ぶれ軽減する補助的な機能だと言う事を認識し、キッチリとブレを抑える撮影をしたご褒美として、手ぶれの無い綺麗な写真が撮れる確立が上がると考え撮影しましょう。

シャッターの切り方

シャッターを半押し(親指AFを使っている人はAFを作動させる)ファインダー像が安定した後で必ずシャッターを切りましょう。

レンズによっては、かなりファインダー像が動く物もあります。

ファインダー像が動くのは、補正機能が働いているからで、この動いて安定するまでの間にシャッターを切るとブレた絵が撮影される確立が高くなります。

レンズの特性を理解して利用する事が、補正機能を有効に使う秘訣かと思います。

手ブレ補正を切る時

多くのメーカーでは、三脚等でカメラを固定して撮影する場合は手ぶれ補正を切るように指示していますが、ニコンの「トライポッドモード」など三脚使用時に利用するような物もありますので、やはり説明書は読みましょう。

1/1000などの高速シャッターを切る場合も、手ぶれ補正を切る方が安定した方が良い結果がえられる場合がありメーカーで切る事をすすめていたりしますが、メーカーによって異なりますし、疑問な場合は自分で色々事前にテストして調べてみるのもスキルアップの一つでは無いかと思います。

各レンズやボディーの特性を自分で理解する事が、手ぶれ補正を上手に使う秘訣だと思いますので、色々と撮影しながら撮影スキルも知識も増やして行って下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です